ITEM SEARCH

SIZE

COLOR

第11回スポーツ選手レビュー

アスリートが見せる、
たった一枚のこだわり。

SPORTSMAN’S UNDERWEAR

TOOTのアンダーウェアをアスリートが体験・レビューする本コーナー。
勝負やパフォーマンスにこだわるスポーツ選手ならではの目線で、下着選びについて語っていただきます。

第1回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第2回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第3回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第4回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第5回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第6回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第7回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

着用しているTOOTパンツのサイズ。左から釼田選手(173cmx83kg 着用サイズ:L)、間宮選手(165cmx91kg 着用サイズ:XL)、望月選手(176cmx80kg 着用サイズ:L)、馬渕選手(180cmx90kg 着用サイズ:XL)。

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第8回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第9回  プロレスラー 本田竜輝

2000年2月11日生まれ。東京都町田市出身(身長180cm/体重100kg)。得意技はジャーマンスープレックス、ノーザンライトスープレックス。プロレスラーを目指しレスリングの名門・自由ヶ丘学園高等学校レスリング部に入部。インターハイ及び国体出場経験を持つ実力派。高校卒業後、武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1」に入門。デビュー戦は2018年9月2日、神奈川・横浜文化体育館でのvs三富政行&土方隆司(パートナーは一)。現在はフリーとして活躍中。

第10回  プロレスラー 土肥こうじ

1990年2月11日生まれ。神奈川県川崎市出身(身長175cm/体重105kg)。得意技は垂直落下式ブレーンバスター、ラリアット、ヌーン・ソン・ブレイカー。幼少期から中学までサッカーを経験。その実力は地域選抜チームに選ばれるほど。高校時代に総合格闘技の門を叩き、その後プロレスの世界に入る。デビュー戦は2011年11月24日、東京・後楽園ホールでのvs AKIRA戦。2014年に武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1」に移籍。WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ、WRESTLE-1リザルトチャンピオンシップ、UWA世界6人タッグのタイトルを持つ。現在はフリーとして活躍中。

第11回  ラグビー選手「ヤングロケッツ」

亀山 雄大(かめやま ゆうだい)、中嶋 大希(なかじま だいき)、足立 匠(あだち たくみ)、當眞 琢(とうま たく)により構成される若手軍団「ヤングロケッツ」。メンバーは全員、ジャパンラグビートップリーグで活躍する現役ラガーマン。YouTubeやTikTok等のSNSを通じて様々なエンタテインメントに挑戦し配信している新世代型のアスリート軍団。今回は「ヤングロケッツ」から亀山選手、足立選手、當眞選手にご出演いただきます。

第12回  総合格闘家 扇久保博正

1987年4月1日生まれ。岩手県久慈市出身(身長163cm/体重69kg *撮影時)。パラエストラ松戸所属。2006年10月にプロ修斗デビューすると翌年に修斗フェザー級新人王を獲得。その後2011年4月に修斗環太平洋フェザー級王者になると、翌年の修斗世界フェザー級タイトルマッチで世界王座獲得に成功。2016年4月には修斗世界バンタム級の王座を獲得し、史上2人目の修斗世界王座の2階級制覇を達成した。2016年にUFC主催のリアリティ番組「TUF24」に参加し準優勝を果たす。2018年7月よりRIZINに参戦。RIZINバンタム級のベルト奪取に挑む。

第13回  プロレスラー 本田竜輝

2000年2月11日生まれ。東京都町田市出身(身長180cm/体重100kg)。得意技はジャーマンスープレックス、ノーザンライトスープレックス。プロレスラーを目指しレスリングの名門・自由ヶ丘学園高等学校レスリング部に入部。インターハイ及び国体出場経験を持つ実力派。高校卒業後、武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1」に入門。デビュー戦は2018年9月2日、神奈川・横浜文化体育館でのvs三富政行&土方隆司(パートナーは一)。WRESTLE-1の活動休止後はフリーとなり、2020年9月より全日本プロレスに参戦。新天地での再出発に期待が高まる。

第14回  プロレスラー 土肥こうじ

1990年2月11日生まれ。神奈川県川崎市出身(身長175cm/体重105kg)。得意技は垂直落下式ブレーンバスター、ラリアット、ヌーン・ソン・ブレイカー。幼少期から中学までサッカーを経験。その実力は地域選抜チームに選ばれるほど。高校時代に総合格闘技の門を叩き、その後プロレスの世界に入る。デビュー戦は2011年11月24日、東京・後楽園ホールでのvs AKIRA戦。2014年に武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1」に移籍。WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ、WRESTLE-1リザルトチャンピオンシップ、UWA世界6人タッグのタイトルを持つ。2020年8月30日、「Enfants Terribles」のメンバーとして全日本プロレスに参戦。今後の動向から目が離せない。

第15回  ラグビー選手「ヤングロケッツ」

亀山 雄大(かめやま ゆうだい)、中嶋 大希(なかじま だいき)、足立 匠(あだち たくみ)、當眞 琢(とうま たく)により構成される若手軍団「ヤングロケッツ」。メンバーは全員、ジャパンラグビートップリーグで活躍する現役ラガーマン。YouTubeやTikTok等のSNSを通じて様々なエンタテインメントに挑戦し配信している新世代型のアスリート集団。今回は「ヤングロケッツ」から亀山選手、足立選手、當眞選手にご出演いただきます。

「ヤングロケッツ」の皆さんにTOOTのBASICラインからボクサーパンツ「NEO NYLON COLORS」を体験していただきました。今回は亀山雄大選手、足立匠選手、當眞琢選手にお話を伺います。

—皆さんはこれまでにどのようなスポーツを経験されてきましたか?

亀山)僕は幼稚園から小学6年生までサッカーをやっていました。中学時代はバスケ部でしたが、傍でいろんなスポーツをしていましたね。小学2年生からラグビーもしていたんですが、高校から部活でラグビーを始めて。バスケットは好きだったんですけど、ラグビーでなら一流を目指せるかもしれないと思い、そこからラグビーだけになりました。

足立)僕は小学2年生から中学1〜2年生ぐらいまでずっと空手をやっていました。それと同時に小学2年生から中学3年生まで野球です。中学生の頃は野球に夢中だったんで、高校では甲子園を狙おうと思っていたんですけど、先生や高校のラグビー部の監督からのお声掛けを通じてラグビーを一度観に行ったところ、知っている先輩が結構いまして。ラグビーで全国を狙うのもありだなと思ってラグビーを始めました。

當眞)僕は幼稚園から中学3年生まで相撲をしていたんですが、父と兄の影響で高校からずっとラグビーをやっています。兄が所属していた地元の高校のラグビー部で父が監督をしていて全国大会に出たんですよ。その応援をしに行ったときに、監督の父と選手で出ている兄の姿を観て、僕もやりたいなと思って。それで高校からラグビーを始めました。


着用しているTOOTパンツのサイズ。亀山選手(170cmx80kg 着用サイズ:L)。

—皆さんにとってラグビーの魅力は何ですか?

亀山)体をぶつけ合えるところですかね。尚且つチームスポーツというところが魅力です。昔からチームスポーツが好きだったんですが、僕は小学校からラグビーを始めていたのもあって、ラグビーの感覚でサッカーやバスケをやるとファウルばっかり取られちゃう 笑。でもラグビーは体をぶつけてもファウルにならない。そこがいいです。あとはいろんな人、例えば身体がデカい人、足が速い人、身長が高い人…。誰にでも適正があって皆んなでできるところがラグビーの魅力ですね。

足立)足が速い人もいれば遅い人もいたり、身体がデカい人もいれば小さい人もいる。体型や運動神経にそこまで左右されずに皆んなが活躍できるっていうのはあると思います。

當眞)僕は相撲とラグビーしか知らないんですが、相撲は個人競技じゃないですか。相撲だったら自分一人の力で勝ち上がっていく。でもラグビーは15人全員で戦う。そこが僕はいいなと思います。一人だけじゃないって考えたらあまり緊張しないですし。相撲の全国大会の時はナーバスになりましたね。ラグビーでもナーバスになるんですけど、でもちょっと違う。

—個人競技とチームスポーツだと感情の分け合い方が違いますよね。


着用しているTOOTパンツのサイズ。當眞選手(180cmx117kg 着用サイズ:XL)。

—皆さんは現役でラグビーをされていますが、普段はどのようなパンツをはかれていますか?

亀山)普段はダボダボヨレヨレの大きい短パンみたいなトランクスをはいています。もうそれで外を歩けるんじゃないかぐらいのやつを 笑。

足立)海パンみたいなのをはいてますよね。

亀山)大学…何なら高校時代からはいてるんじゃないか?ぐらいのヨレヨレ具合で仕上がっています 笑。でもたまに「今日は気合入れるぞ!」って時はボクサーパンツをはいたりします。

當眞)僕はボクサーパンツです。でも丈が結構長いんですよね。股が擦れるんで基本的に裾が太ももまであるような。短い丈のボクサーパンツはあまりはかないです。

足立)僕も基本ボクサーパンツで、丈は長めです。股擦れしちゃうんで。オフ前とオフ日だけトランクスをはいています。ここ半年ぐらいはずっとそのルーティンです。

—ボクサーパンツとトランクスをはき分ける理由は?

足立)トランクスの方がやっぱり締め付けとかないんで。ボクサーパンツがストレスを感じるといったらそうじゃないんですけど、開放感の違いですかね。オフの時だけはちょっと緩めたいのでダボっとしたトランクスをはいています。

—そうですか。足立さんと當眞さんはロングタイプのボクサーパンツをはかれるんですね。今回体験していただいた「NEO NYLON COLORS」はいかがですか?

足立)まず肌触りがいいのと、やっぱりこのフロントカップですね。フロントカップがいい程度の伸縮具合で締め付けてくれているんで、変な話、はいてる感じがしないんで、そこがいいと言いますか。めちゃめちゃすっきりしてる感じです。

當眞)僕はこれぐらいの丈のボクサーパンツはちょっとはかないなっていうのがありますね。でもこの生地とかフロントカップは全然好きっすね。普通のパンツにフロントカップってないじゃないですか。TOOTのパンツにはフロントカップがあるから僕は結構好きです。結構ガチです。

亀山)明るめの色なので、やんちゃ感が出ていますね。生地は皆んなも言ってますけど、すごく肌触りがいいすよ。あとココのエロ筋って言うんですかね、外腹斜筋が武器の人は魅せられると思います 笑。


着用しているTOOTパンツのサイズ。足立選手(180cmx117kg 着用サイズ:XL)。

—皆さんはパンツの色にこだわったりしますか?

亀山)パンツの色は今まで考えたことなかったです。

足立)僕はどうしてもパンツは暗めの色になるので、こういう明るい色は逆に斬新です。

當眞)僕も色は全然こだわらないですけど、普段はくのは黒とかネイビーとかです。でもガッツリ色が入っているのも好きです。

—「NEO NYLON COLORS」は豊富なカラーバリエーションで展開しています。肌触りがとてもよいのでぜひデイリーユースでお使いください。

NEO NYLON COLORS

PITAYA
CACTUS
OCEAN
RAIN
製品はコチラ

—パンツはどれぐらいの頻度で買い替えていらっしゃいますか?

足立)年始にパンツをまとめて買って入れ替えてます、毎年。新年に1回ドカンと買いますね。それを1年掛けてまわす感じです。

當眞)僕はどっちかと言ったらはき潰していく感じです。ゴムがビロビロになったら替えるという。なくなったらノーパンとか普通にあります。

—このコラムのインタビューをして気付いたんですが、アスリートの方はノーパン派の方も意外といらっしゃいます 笑。

足立・當眞)そうなんですか?

—声が揃いましたね 笑。はい、ときどきいらっしゃいます。

當眞)トレーニング中はでもやっぱ僕はスパッツをはきますね。はかないとダメです。スパッツもこだわりがあるんですけど、丈が長めのをはいてから短パンをはいてます。

亀山)僕は練習で普通のハーフパンツをはくときはノーパンで、試合でラグビーのパンツをはくときは下にスパッツだけですね。

足立)練習の時は、基本スパッツです。でもこの生地ならスパッツじゃないですけど、何かいけそうな感じがします。

亀山)これははけますね確実に。

足立)そんな感じがします。はき心地的にも。

—身体が大きな方は股擦れ対策としてもロング丈のボクサーパンツを選ばれた方がいいかもしれないですね。TOOTにはアスリートにヒアリングして生まれたロングボクサー「TSXロングボクサーネオ」があります。肌触りも非常によいのでぜひお試しください。

TSXロングボクサーネオ

BLUE
NAVY
GRAY
BLACK
製品はコチラ

—皆さんは体型維持のために普段食事制限とかされていますか?

當眞)体重が行き過ぎたら僕は気にします。行き過ぎなかったら別にもう何でもいいいっす。それまでは別に関係ないです。

亀山)當眞はね。

—何kgぐらいが行き過ぎたラインなんですか?

當眞)120kg行ったらちょっと…。今日計ったら117kgでした。

亀山)120kgある人の3kgは誤差でしょ笑。足立はたまにファスティングしてますよ。

足立)断食です。

亀山)水分だけで3日間過ごす、みたいな。

足立)体の調子はいいです。本当は2〜3ヶ月に1回ぐらいやりたいんですけど、シーズン中に練習が始まってからファスティングをやるとキツいんで、オフシーズンにやって悪いものを全部出しますね。

—ファスティング中はお腹は減らないんですか?

足立)とても減ります。

亀山)僕はファスティング中の足立の部屋に行ってハンバーガーを食べます 笑。

足立)水と酵素ドリンクがあるんですけど、それで耐えます。

—亀山さんは食事に気を遣われていますか?

亀山)僕はすごく変わった食生活を送ってます。朝は完全栄養食の粉を溶かして飲むだけで、昼は納豆、卵、ツナ缶、メカブ、キムチ、焼き芋、牛乳と。夜だけ寮の食事を米抜きでおかずを食べてます。でも週末は好きなものを食べますね。ストレスが溜まっちゃうんで。

—かなりこだわられていますね。身体づくりに興味がある読者の皆様も多いので、とても参考になります。ところでヤングロケッツのYouTubeチャンネルではいろいろな所に出掛けられていますが、そういう時のメンバー内の役割分担はあるんですか?

亀山)車は基本、僕かダイキ(中嶋大希選手)が運転して。発案もだいたい俺かな?

足立)そうです。僕らは乗っかるだけです 笑。

—いつも楽しいチャレンジ動画を配信されているので親近感が湧きます。ラグビーはもちろんですが、YouTubeでのご活躍も楽しみにしていますね。では最後に読者やファンの皆様にメッセージをお願いします。

當眞)TOOTのパンツはフロントカップがあってめちゃめちゃ動きやすいし寝る時でも窮屈じゃないと思うので、僕はめちゃめちゃはき潰していきたいと思います!

足立)今日はいたパンツはそれぞれに違いがありましたが、どれもフィットして動きやすいと感じましたので、日常生活からガシガシはいていけたらなと思います。モデルで自分の力不足だった部分は、次回までに直していきたいと思います。ありがとうございます!

亀山)コラムを読んでくださっている皆さん、ヤングロケッツです。いつも4人でYouTubeチャンネルをやっています。今日はメンバーの中嶋がいないんですけど、ぜひ僕らのYouTubeもご覧ください。そしてTOOTのパンツもぜひお試しいただければと思います!

—本日はありがとうございました。

お話:

スポーツ:

生年月日:

身長:

体重:

着用アイテム:

サイズ:

亀山 雄大(ニックネーム:ユーダイ)

ラグビー(CTB, WTB)

1995年5月5日

170cm

80kg

NEO NYLON COLORS(オーシャン)

L

お話:

スポーツ:

生年月日:

身長:

体重:

着用アイテム:

サイズ:

足立 匠(ニックネーム:ダチ)

ラグビー(PR)

1995年4月12日

180cm

117kg

NEO NYLON COLORS(カクタス)

XL

お話:

スポーツ:

生年月日:

身長:

体重:

着用アイテム:

サイズ:

當眞 琢(ニックネーム:とぅーま)

ラグビー(PR)

1996年9月21日

180cm

117kg

NEO NYLON COLORS(レイン)

XL

撮影協力:B.E.A.T

NEO NYLON COLORS

製品はコチラ

PHOTO GALLERY