ITEM SEARCH

SIZE

COLOR

第16回スポーツ選手レビュー

アスリートが見せる、
たった一枚のこだわり。

SPORTSMAN’S UNDERWEAR

TOOTのアンダーウェアをアスリートが体験・レビューする本コーナー。
勝負やパフォーマンスにこだわるスポーツ選手ならではの目線で、下着選びについて語っていただきます。

第1回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第2回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第3回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第4回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第5回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第6回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第7回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

着用しているTOOTパンツのサイズ。左から釼田選手(173cmx83kg 着用サイズ:L)、間宮選手(165cmx91kg 着用サイズ:XL)、望月選手(176cmx80kg 着用サイズ:L)、馬渕選手(180cmx90kg 着用サイズ:XL)。

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第8回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第9回  プロレスラー 本田竜輝

2000年2月11日生まれ。東京都町田市出身(身長180cm/体重100kg)。得意技はジャーマンスープレックス、ノーザンライトスープレックス。プロレスラーを目指しレスリングの名門・自由ヶ丘学園高等学校レスリング部に入部。インターハイ及び国体出場経験を持つ実力派。高校卒業後、武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1」に入門。デビュー戦は2018年9月2日、神奈川・横浜文化体育館でのvs三富政行&土方隆司(パートナーは一)。現在はフリーとして活躍中。

第10回  プロレスラー 土肥こうじ

1990年2月11日生まれ。神奈川県川崎市出身(身長175cm/体重105kg)。得意技は垂直落下式ブレーンバスター、ラリアット、ヌーン・ソン・ブレイカー。幼少期から中学までサッカーを経験。その実力は地域選抜チームに選ばれるほど。高校時代に総合格闘技の門を叩き、その後プロレスの世界に入る。デビュー戦は2011年11月24日、東京・後楽園ホールでのvs AKIRA戦。2014年に武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1」に移籍。WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ、WRESTLE-1リザルトチャンピオンシップ、UWA世界6人タッグのタイトルを持つ。現在はフリーとして活躍中。

第11回  ラグビー選手「ヤングロケッツ」

亀山 雄大(かめやま ゆうだい)、中嶋 大希(なかじま だいき)、足立 匠(あだち たくみ)、當眞 琢(とうま たく)により構成される若手軍団「ヤングロケッツ」。メンバーは全員、ジャパンラグビートップリーグで活躍する現役ラガーマン。YouTubeやTikTok等のSNSを通じて様々なエンタテインメントに挑戦し配信している新世代型のアスリート軍団。今回は「ヤングロケッツ」から亀山選手、足立選手、當眞選手にご出演いただきます。

第12回  総合格闘家 扇久保博正

1987年4月1日生まれ。岩手県久慈市出身(身長163cm/体重69kg *撮影時)。パラエストラ松戸所属。2006年10月にプロ修斗デビューすると翌年に修斗フェザー級新人王を獲得。その後2011年4月に修斗環太平洋フェザー級王者になると、翌年の修斗世界フェザー級タイトルマッチで世界王座獲得に成功。2016年4月には修斗世界バンタム級の王座を獲得し、史上2人目の修斗世界王座の2階級制覇を達成した。2016年にUFC主催のリアリティ番組「TUF24」に参加し準優勝を果たす。2018年7月よりRIZINに参戦。RIZINバンタム級のベルト奪取に挑む。

第13回  プロレスラー 本田竜輝

2000年2月11日生まれ。東京都町田市出身(身長180cm/体重100kg)。得意技はジャーマンスープレックス、ノーザンライトスープレックス。プロレスラーを目指しレスリングの名門・自由ヶ丘学園高等学校レスリング部に入部。インターハイ及び国体出場経験を持つ実力派。高校卒業後、武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1」に入門。デビュー戦は2018年9月2日、神奈川・横浜文化体育館でのvs三富政行&土方隆司(パートナーは一)。WRESTLE-1の活動休止後はフリーとなり、2020年9月より全日本プロレスに参戦。新天地での再出発に期待が高まる。

第14回  プロレスラー 土肥こうじ

1990年2月11日生まれ。神奈川県川崎市出身(身長175cm/体重105kg)。得意技は垂直落下式ブレーンバスター、ラリアット、ヌーン・ソン・ブレイカー。幼少期から中学までサッカーを経験。その実力は地域選抜チームに選ばれるほど。高校時代に総合格闘技の門を叩き、その後プロレスの世界に入る。デビュー戦は2011年11月24日、東京・後楽園ホールでのvs AKIRA戦。2014年に武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1」に移籍。WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ、WRESTLE-1リザルトチャンピオンシップ、UWA世界6人タッグのタイトルを持つ。2020年8月30日、「Enfants Terribles」のメンバーとして全日本プロレスに参戦。今後の動向から目が離せない。

第15回  ラグビー選手「ヤングロケッツ」

亀山 雄大(かめやま ゆうだい)、中嶋 大希(なかじま だいき)、足立 匠(あだち たくみ)、當眞 琢(とうま たく)により構成される若手軍団「ヤングロケッツ」。メンバーは全員、ジャパンラグビートップリーグで活躍する現役ラガーマン。YouTubeやTikTok等のSNSを通じて様々なエンタテインメントに挑戦し配信している新世代型のアスリート集団。今回は「ヤングロケッツ」から亀山選手、足立選手、當眞選手にご出演いただきます。

第16回  総合格闘家 扇久保博正

1987年4月1日生まれ。岩手県久慈市出身(身長163cm/体重69kg *撮影時)。パラエストラ松戸所属。2006年10月にプロ修斗デビューすると翌年に修斗フェザー級新人王を獲得。その後2011年4月に修斗環太平洋フェザー級王者になると、翌年の修斗世界フェザー級タイトルマッチで世界王座獲得に成功。2016年4月には修斗世界バンタム級の王座を獲得し、史上2人目の修斗世界王座の2階級制覇を達成した。2016年にUFC主催のリアリティ番組「TUF24」に参加し準優勝を果たす。2018年7月よりRIZINに参戦。RIZINバンタム級のベルト奪取に挑む。

第17回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年には新たなステージとなるX2リーグに昇格。現在X1リーグを目指し日々挑戦を続けている。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

総合格闘家・扇久保博正選手にTOOT 2020 A/W COLLECTIONラインから新作の「TOOTジョックストラップ」を体験していただき、お話を伺いました。

—扇久保選手は本コラムに2度目のご登場となりますが、仕上がったお写真をご覧になられていかがでしたか?

扇久保)すごかったです。筋肉すごかったです。

—格闘家ならではの研ぎ澄まされた筋肉が迫力ありました。普段はどのようなトレーニングをされているんですか?

扇久保)週6日の頻度でトレーニングしてますね。日曜日以外はトレーニングをしてます。昼間は筋トレしたり走って体を鍛えて、夕方や夜にスパーリングをやりますね。

—扇久保選手のYouTubeチャンネルを拝見したせいか、山で走り込みされているイメージがあります 笑。

扇久保)あれは本当にやっています。木と戦っているのは嘘です 笑。山で走っているのは本当です。雨の日は怪我のリスクがあるので室内でトレッドミルとかで走っていますね。夏場は昼間に走ると暑すぎて練習にならないので、日が沈んだ時間に走っています。普通に生活しているだけでも暑さで体力が奪われるので、オーバーワークにならないように、冬は5セットやるところを4セットにしたりして調整してますね。秋から冬はトレーニングがたくさんできるので結構好きです。


着用しているTOOTパンツのサイズ。扇久保選手(163cmx69kg 着用サイズ:M)。

—暑さや寒さに柔軟に対応しながらトレーニングされているんですね。食事にも気を配られているんですか?

扇久保)食事はすごく大事なので気を遣ってますね。知り合いに鹿や猪を撃つ猟師がいるので、その人に肉を送ってもらって食べてます。ジビエは筋肉の質がよくなる感覚がありますね。あと気分的に自分が獣になったような闘争心が湧き出る感覚はあります。あくまで僕の中でのイメージなんですが、野性を取り込む感覚です。美味しいのは猪ですかね。鹿はどんなに食べても痩せていくので、疲れているときは猪肉を食べて、疲れていないときは鹿肉を、というように分けて食べています。

—なるほど、食事にも気を配ることで闘う身体とメンタルをコントロールしていらっしゃるんですね。では、そろそろパンツの話を伺います。パンツを選ぶときのこだわりはありますか?

扇久保)やっぱり形ですかね。しっかり自分の体型にフィットするものを意識して選んでいますね。僕は腿が太いので、一個上のサイズをはくと腿は合うけど丈が長過ぎるといったようにサイズ選びが難しいんです。なのでまず一回買ってはいてみて、サイズが合うブランドを見つけると大体そこでずっと買っていますね。

—TOOTのパンツをこれまでにいくつかはいていただきましたが、お気に入りはありましたか?

扇久保)「青海波ロゴnano」がすごくいいです。あと「NEO MESH nano」もすごくいいです。メッシュは夏いいですね。普段はいてますけど、ちょっともったいなくて練習にはけてないです 笑。

青海波ロゴnano
¥4,950(税込)

製品はコチラ

NEO MESH nano
¥3,630(税込)

製品はコチラ

—練習用と普段用のパンツは使い分けてらっしゃるということですよね。

扇久保)はい、TOOTのパンツは普段用としてはいてます 笑。

  

—普段ばきのパンツで好きな色や柄はありますか?

扇久保)好んではくのはシンプルなものや原色っぽいものです。あと柄で言えば水玉や迷彩とかそういう感じのものが多いですね。

—今回はいていただいたようなYバックは普段からはかれるんですか?

扇久保)はかないです 笑。ファウルカップぐらいです 笑。

—「TOOTジョックストラップ」のはき心地はいかがでしたか?

扇久保)前回のコラムではいたトランクスと同じで、フロントが全くブレないので、そこはすごいなと思いました。肌が多く露出しているので、撮影されるのはとても恥ずかしかったですけど 笑。でもお尻が出ているっていうのはあまり感じなかったですね。はき心地がいいからなのか、なんですかね。

—Yバックはお尻のストラップでヒップアップ効果もあるんですよ。

扇久保)確かにそうかもしれないですね。お尻をプリッとしたいときにYバックをはくとパンツの線もあまり出ないですもんね 笑。

TOOTジョックストラップ

WHITE
NAVY
BLACK
OLIVE
製品はコチラ

—さて、今回はプライベートな部分もお聞きできたらと思います。オフの日はどのように過ごされていますか?

扇久保)いまの時期は三密に気を付けながらドライブしたりショッピングモールに出掛けたりして遊んでますけど、試合が決まると試合までの2ヶ月位は日曜日も練習みたいなものになるので、マッサージや銭湯に行って体のケアをしてますね。あとはだいたい日曜日にYouTubeの撮影をしてます。

—YouTubeチャンネル「おぎちゃんねる。」の企画はどなたがされているんですか?

扇久保)スタッフ皆んなで話し合って企画してますね。撮影はリハーサルなしで一発撮りです。 YouTubeを始めたばかりの頃、何回も撮り直していたんですけど、結局最初に撮影したものが一番面白いっていうことに気付いて。だからもう「よーい、スタート!」で撮って、撮ったものをそのまま流すって感じでやってますね。

—「おぎちゃんねる。」では、ドラゴンボールの孫悟空やストリートファイターのリュウなどのコスプレをされていますが、お気に入りのキャラクターはいますか?

扇久保)アニメは結構観るので、それこそ今は「鬼滅の刃」の炭治郎が大好きです。格闘技をやってる者からすると、炭治郎に共感できる部分があるんですよ。

—「鬼滅の刃」では呼吸法が出てきますが、格闘技には呼吸って大事なんですか?

扇久保)『全集中 水の呼吸』! 笑。大事です、大事です。それこそ相手が息を吸った瞬間に攻撃をすると大体倒れたりするので。相手の呼吸を読んでる方もいますし。なかなか難しいんですけどね。今回の試合の直前には、心の中で「全集中!」と言ってから戦いました 笑。

—そうなんですね、格闘技は奥が深いです。普段から格闘家として心掛けていることはありますか?

扇久保)僕は24時間本当に格闘技のことを考えているので、なんて言えばいいのかなあ…例えばですけど、洗濯物を干すじゃないですか。あの時も自分の中では鍛えているっていう感覚です。「いま三頭筋にキテるな」みたいな 笑。 外食でメニューを選ぶときも一瞬で決める、とか。普段から迷う癖がつくと試合中も迷っちゃうんですよ。なので何かを選ぶときはすぐ決めることを普段から意識してますね。リングの上では本当に普段の生活が出ると思っているので。普段から試合のために生きているような感覚ですね、僕は。

—練習はどちらの道場でされているんですか?

扇久保)パラエストラ松戸と柏に通っています。プロの選手がたくさんいて素晴らしいジムなので、もし興味のある方はぜひ来てみてください。道場には格闘技に興味があるけどやったことがない、という人の方がむしろ多いんで、格闘技初心者の方でも全然大丈夫です。

—最後に、これから本格的に格闘家を目指す方にもアドバイスをお願いします。

扇久保)格闘技は楽しいので、やりたいなと思ったら怖がらずに気楽に始めてみてください。そして練習を休まず頑張ってください。続けることが本当に大事だと思うんで。今やっていることを一生懸命頑張って続けていけば、それがいずれ自分の武器になるので信じてやってほしいですね。

—本日はありがとうございました。

TOOTジョックストラップ

WHITE
NAVY
BLACK
OLIVE
製品はコチラ

扇久保選手が前回レビューした「20th フィットトランクス」のコラム記事はコチラ。

20th フィットトランクス

NAVY
WHITE
KHAKI
製品はコチラ

お話し:

スポーツ:

生年月日:

身長:

体重:

着用アイテム:

着用サイズ:

Twitter:

Instagram:

YouTube「扇久保博正 おぎちゃんねる。」はコチラ

扇久保 博正(ニックネーム:おぎちゃん)

総合格闘家

1987年4月1日

163cm

69kg *撮影時

TOOTジョックストラップ(ブラック)

M

@Hiromasa0401

@hiromonster0401

PHOTO GALLERY