ITEM SEARCH

SIZE

COLOR

第4回スポーツ選手レビュー

アスリートが見せる、
たった一枚のこだわり。

SPORTSMAN’S UNDERWEAR

TOOTのアンダーウェアをアスリートが体験・レビューする本コーナー。
勝負やパフォーマンスにこだわるスポーツ選手ならではの目線で、下着選びについて語っていただきます。

第1回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第2回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第3回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第4回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第5回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第6回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第7回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

着用しているTOOTパンツのサイズ。左から釼田選手(173cmx83kg 着用サイズ:L)、間宮選手(165cmx91kg 着用サイズ:XL)、望月選手(176cmx80kg 着用サイズ:L)、馬渕選手(180cmx90kg 着用サイズ:XL)。

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第8回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第9回  プロレスラー 本田竜輝

2000年2月11日生まれ。東京都町田市出身(身長180cm/体重100kg)。得意技はジャーマンスープレックス、ノーザンライトスープレックス。プロレスラーを目指しレスリングの名門・自由ヶ丘学園高等学校レスリング部に入部。インターハイ及び国体出場経験を持つ実力派。高校卒業後、武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1」に入門。デビュー戦は2018年9月2日、神奈川・横浜文化体育館でのvs三富政行&土方隆司(パートナーは一)。現在はフリーとして活躍中。

第10回  プロレスラー 土肥こうじ

1990年2月11日生まれ。神奈川県川崎市出身(身長175cm/体重105kg)。得意技は垂直落下式ブレーンバスター、ラリアット、ヌーン・ソン・ブレイカー。幼少期から中学までサッカーを経験。その実力は地域選抜チームに選ばれるほど。高校時代に総合格闘技の門を叩き、その後プロレスの世界に入る。デビュー戦は2011年11月24日、東京・後楽園ホールでのvs AKIRA戦。2014年に武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1」に移籍。WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ、WRESTLE-1リザルトチャンピオンシップ、UWA世界6人タッグのタイトルを持つ。現在はフリーとして活躍中。

第11回  ラグビー選手「ヤングロケッツ」

亀山 雄大(かめやま ゆうだい)、中嶋 大希(なかじま だいき)、足立 匠(あだち たくみ)、當眞 琢(とうま たく)により構成される若手軍団「ヤングロケッツ」。メンバーは全員、ジャパンラグビートップリーグで活躍する現役ラガーマン。YouTubeやTikTok等のSNSを通じて様々なエンタテインメントに挑戦し配信している新世代型のアスリート軍団。今回は「ヤングロケッツ」から亀山選手、足立選手、當眞選手にご出演いただきます。

第12回  総合格闘家 扇久保博正

1987年4月1日生まれ。岩手県久慈市出身(身長163cm/体重69kg *撮影時)。パラエストラ松戸所属。2006年10月にプロ修斗デビューすると翌年に修斗フェザー級新人王を獲得。その後2011年4月に修斗環太平洋フェザー級王者になると、翌年の修斗世界フェザー級タイトルマッチで世界王座獲得に成功。2016年4月には修斗世界バンタム級の王座を獲得し、史上2人目の修斗世界王座の2階級制覇を達成した。2016年にUFC主催のリアリティ番組「TUF24」に参加し準優勝を果たす。2018年7月よりRIZINに参戦。RIZINバンタム級のベルト奪取に挑む。

第13回  プロレスラー 本田竜輝

2000年2月11日生まれ。東京都町田市出身(身長180cm/体重100kg)。得意技はジャーマンスープレックス、ノーザンライトスープレックス。プロレスラーを目指しレスリングの名門・自由ヶ丘学園高等学校レスリング部に入部。インターハイ及び国体出場経験を持つ実力派。高校卒業後、武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1」に入門。デビュー戦は2018年9月2日、神奈川・横浜文化体育館でのvs三富政行&土方隆司(パートナーは一)。WRESTLE-1の活動休止後はフリーとなり、2020年9月より全日本プロレスに参戦。新天地での再出発に期待が高まる。

第14回  プロレスラー 土肥こうじ

1990年2月11日生まれ。神奈川県川崎市出身(身長175cm/体重105kg)。得意技は垂直落下式ブレーンバスター、ラリアット、ヌーン・ソン・ブレイカー。幼少期から中学までサッカーを経験。その実力は地域選抜チームに選ばれるほど。高校時代に総合格闘技の門を叩き、その後プロレスの世界に入る。デビュー戦は2011年11月24日、東京・後楽園ホールでのvs AKIRA戦。2014年に武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1」に移籍。WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ、WRESTLE-1リザルトチャンピオンシップ、UWA世界6人タッグのタイトルを持つ。2020年8月30日、「Enfants Terribles」のメンバーとして全日本プロレスに参戦。今後の動向から目が離せない。

第15回  ラグビー選手「ヤングロケッツ」

亀山 雄大(かめやま ゆうだい)、中嶋 大希(なかじま だいき)、足立 匠(あだち たくみ)、當眞 琢(とうま たく)により構成される若手軍団「ヤングロケッツ」。メンバーは全員、ジャパンラグビートップリーグで活躍する現役ラガーマン。YouTubeやTikTok等のSNSを通じて様々なエンタテインメントに挑戦し配信している新世代型のアスリート集団。今回は「ヤングロケッツ」から亀山選手、足立選手、當眞選手にご出演いただきます。

社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」の選手の皆さんに、TOOTのTSXラインから「TSXロングボクサーネオ」を体験していただきました。今回はチームを代表して石倉 和真(いしくら かずま)選手にお話を伺います。

—石倉選手はアメフトと出会うまでに、どのようなスポーツを経験されてきましたか?

石倉)小学2年生から高校3年生まで柔道をやっていました。進学した大学のトレーニング室で筋トレをしていたらアメフト部の方に声を掛けられまして。残念ながら通っていた大学には柔道部がなくて、でも「この身体を何かのスポーツに活かしたい」と思っていたところだったので、それをきっかけにアメフト部に入部しました。下町ゴリラズではOL(オフェンスライン)をやっています。自分が主にやっているのはセンターなんですけど、ランプレイのときは目の前の相手に当たって道を切り開いて、パスプレイのときは後ろのQB(クォーターバック)を守る役割をしています。

—柔道から転向して感じたアメフトの魅力はありますか?

石倉)アメフト人生初の試合は不安ばかりだったんですけど、個人競技の柔道と違い、勝利をみんなで勝ち取ったと実感したときにアメフトの深い楽しさを知りました。あとアメフトはオフェンスラインの5人が並ぶ姿が格好よくて、そこにも魅かれましたね。

—チームプレイだからこそですね。柔道とアメフトではユニフォームのフォルムが全く違いますが、それぞれの競技で下着選びの違いはありますか?

石倉)柔道着のときは下着をはかないか、スパッツをはいていました。アメフトのユニフォームのときは下着ではなくスパッツをはくようにしています。アメフトのフットボールパンツは結構タイトなんですが、タイトなフットボールパンツの下に厚い生地の下着を挟みたくないんです。試合中に下着のしわがフットボールパンツの下にできてしまうと動きにくかったり、集中できない感じがするので。

—練習中にはくパンツはどうされていますか?

石倉)自分はビキニタイプの下着だと練習中すぐに股ずれしちゃうんですけど、ロングスパッツや裾の長いロングボクサーをはいたら全然股ずれしなくなったんです。それに気付いてからは練習時だけでなくオフのときもロングタイプのボクサーを選ぶようにしています。ただ、ロングボクサーでも練習のときはわりとタイトめなものをはくようにして、オフのときはリラックスできるような、ちょっと緩めの生地のものをはいています。

—パンツの生地へのこだわりはありますか?

石倉)練習のときはナイロンやポリエステル、オフのときはコットンのパンツがいいですね。練習中は汗で蒸れやすいので、すぐに汗を吸って乾いてくれる生地の方が助かるんです。あとは薄くて太ももにぴったりフィットする生地だと、純粋に動きやすくプレイに専念できるというのもあります。

—生地や裾の長さなどのこだわりがあるなかで、今回の「TSXロングボクサーネオ」のはき心地はいかがでしたか?

石倉)自分がいつもはいている裾が長いロングボクサータイプなので安心感があります。裾が太ももにぴったりフィットするのが自分好みです。すべすべした生地で薄くてよれにくいので、プレイにも集中できそうです。練習のときだけでなく試合のユニフォームのときにもスパッツ替わりに使ってみたいと思いました。

—「TSXロングボクサーネオ」にはトリノクール®CFという、特殊断面ポリエステルと消臭ポリウレタン繊維を組み合わせた高機能性ストレッチ素材が使われているんです。しなやかな伸縮性だけでなく、高い吸水速乾性と消臭性能、UVカット性能が特長で、スポーツアンダーによく使われている生地なんですよ。ぜひお試しください。

TSXロングボクサーネオ

BLUE
NAVY
GRAY
BLACK
製品はコチラ

—これまでにTOOTのパンツをはかれたことはありましたか?

石倉)前回の撮影のときにボクサーパンツを初めてはかせていただきましたが、TOOTのパンツは生地がしっかりしているというのが第一印象でした。フィット感や安定感があるはき心地もよかったです。

—お好きなパンツの色はありますか?

石倉)自分は青系が好きなので、オフのときは青系のものをよくはいています。試合のときはユニフォームカラーとパンツの色を合わせるように、実はこだわっています。下町ゴリラズのカラーがホワイトとブラックなので、試合に出るときは黒のパンツを使っていきたいなと思っています。

—パンツとアウターの色を揃える遊び心やこだわりは自分だけが知っているものですけど、それが自信に繋がったりしますよね。

TOOT COTTON

BLUE
DARKGRAY
RED
製品はコチラ

—では最後に読者の皆様にメッセージをお願いします。

石倉)これから応援に来てくださる皆さんが僕を見付けやすいように、試合中に僕がいる場所を説明しますので覚えてください 笑。試合のとき、オフェンスラインは一番前に5人並ぶんですけど、その5人のど真ん中にいるのが自分です。自分が進んだ距離がチームの前進に繋がるので、それを心掛けながらプレイしていきます。皆さん応援よろしくお願いします!

—本日はありがとうございました。

お話:

スポーツ:

身長:

体重:

着用アイテム:

サイズ:

石倉 和真(ニックネーム:アジャコング、アジャ、いっしー)

アメリカンフットボール(OL)

167cm

106kg

TSXロングボクサーネオ

XL

PHOTO GALLERY

「TSX-TOOT SPORTS EXCLUSIVE」とは
スポーツに特化したTOOTのTSXラインは素材と形にこだわり、着心地と動きやすさを追求したスポーティーなデザインが特徴。スポーツをする中で忘れがちなファッション性を再提案し、スポーツとファッションの融合、先を見据えたデザインを企画しています。使用する生地の多くは大手スポーツメーカーでも使用する本格品質。TOOTの高い縫製技術と品質を持ってお客様へご提供いたします。

TSXロングボクサーネオ

BLUE
NAVY
GRAY
BLACK
製品はコチラ