ITEM SEARCH

SIZE

COLOR

第7回スポーツ選手レビュー

アスリートが見せる、
たった一枚のこだわり。

SPORTSMAN’S UNDERWEAR

TOOTのアンダーウェアをアスリートが体験・レビューする本コーナー。
勝負やパフォーマンスにこだわるスポーツ選手ならではの目線で、下着選びについて語っていただきます。

第1回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第2回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第3回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第4回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第5回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第6回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第7回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

着用しているTOOTパンツのサイズ。左から釼田選手(173cmx83kg 着用サイズ:L)、間宮選手(165cmx91kg 着用サイズ:XL)、望月選手(176cmx80kg 着用サイズ:L)、馬渕選手(180cmx90kg 着用サイズ:XL)。

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第8回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第9回  プロレスラー 本田竜輝

2000年2月11日生まれ。東京都町田市出身(身長180cm/体重100kg)。得意技はジャーマンスープレックス、ノーザンライトスープレックス。プロレスラーを目指しレスリングの名門・自由ヶ丘学園高等学校レスリング部に入部。インターハイ及び国体出場経験を持つ実力派。高校卒業後、武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1」に入門。デビュー戦は2018年9月2日、神奈川・横浜文化体育館でのvs三富政行&土方隆司(パートナーは一)。現在はフリーとして活躍中。

第10回  プロレスラー 土肥こうじ

1990年2月11日生まれ。神奈川県川崎市出身(身長175cm/体重105kg)。得意技は垂直落下式ブレーンバスター、ラリアット、ヌーン・ソン・ブレイカー。幼少期から中学までサッカーを経験。その実力は地域選抜チームに選ばれるほど。高校時代に総合格闘技の門を叩き、その後プロレスの世界に入る。デビュー戦は2011年11月24日、東京・後楽園ホールでのvs AKIRA戦。2014年に武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1」に移籍。WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ、WRESTLE-1リザルトチャンピオンシップ、UWA世界6人タッグのタイトルを持つ。現在はフリーとして活躍中。

第11回  ラグビー選手「ヤングロケッツ」

亀山 雄大(かめやま ゆうだい)、中嶋 大希(なかじま だいき)、足立 匠(あだち たくみ)、當眞 琢(とうま たく)により構成される若手軍団「ヤングロケッツ」。メンバーは全員、ジャパンラグビートップリーグで活躍する現役ラガーマン。YouTubeやTikTok等のSNSを通じて様々なエンタテインメントに挑戦し配信している新世代型のアスリート軍団。今回は「ヤングロケッツ」から亀山選手、足立選手、當眞選手にご出演いただきます。

第12回  総合格闘家 扇久保博正

1987年4月1日生まれ。岩手県久慈市出身(身長163cm/体重69kg *撮影時)。パラエストラ松戸所属。2006年10月にプロ修斗デビューすると翌年に修斗フェザー級新人王を獲得。その後2011年4月に修斗環太平洋フェザー級王者になると、翌年の修斗世界フェザー級タイトルマッチで世界王座獲得に成功。2016年4月には修斗世界バンタム級の王座を獲得し、史上2人目の修斗世界王座の2階級制覇を達成した。2016年にUFC主催のリアリティ番組「TUF24」に参加し準優勝を果たす。2018年7月よりRIZINに参戦。RIZINバンタム級のベルト奪取に挑む。

第13回  プロレスラー 本田竜輝

2000年2月11日生まれ。東京都町田市出身(身長180cm/体重100kg)。得意技はジャーマンスープレックス、ノーザンライトスープレックス。プロレスラーを目指しレスリングの名門・自由ヶ丘学園高等学校レスリング部に入部。インターハイ及び国体出場経験を持つ実力派。高校卒業後、武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1」に入門。デビュー戦は2018年9月2日、神奈川・横浜文化体育館でのvs三富政行&土方隆司(パートナーは一)。WRESTLE-1の活動休止後はフリーとなり、2020年9月より全日本プロレスに参戦。新天地での再出発に期待が高まる。

第14回  プロレスラー 土肥こうじ

1990年2月11日生まれ。神奈川県川崎市出身(身長175cm/体重105kg)。得意技は垂直落下式ブレーンバスター、ラリアット、ヌーン・ソン・ブレイカー。幼少期から中学までサッカーを経験。その実力は地域選抜チームに選ばれるほど。高校時代に総合格闘技の門を叩き、その後プロレスの世界に入る。デビュー戦は2011年11月24日、東京・後楽園ホールでのvs AKIRA戦。2014年に武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1」に移籍。WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ、WRESTLE-1リザルトチャンピオンシップ、UWA世界6人タッグのタイトルを持つ。2020年8月30日、「Enfants Terribles」のメンバーとして全日本プロレスに参戦。今後の動向から目が離せない。

第15回  ラグビー選手「ヤングロケッツ」

亀山 雄大(かめやま ゆうだい)、中嶋 大希(なかじま だいき)、足立 匠(あだち たくみ)、當眞 琢(とうま たく)により構成される若手軍団「ヤングロケッツ」。メンバーは全員、ジャパンラグビートップリーグで活躍する現役ラガーマン。YouTubeやTikTok等のSNSを通じて様々なエンタテインメントに挑戦し配信している新世代型のアスリート集団。今回は「ヤングロケッツ」から亀山選手、足立選手、當眞選手にご出演いただきます。

社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」の選手の皆さんにTOOT 2020 S/S COLLECTIONから「アスレチックロングボクサー」を体験していただきました。今回はチームを代表して佐藤 隆司(さとう りゅうじ)選手、馬渕 海(まぶち かい)選手にお話を伺います。

—佐藤選手と馬渕選手はアメフトに出会うまでに、どのようなスポーツを経験されてきたのでしょうか?

佐藤)中学時代はハンドボール部でした。高校でハンドボールを続けることも考えていたんですけど、小学生の頃に「アイシールド21」というアニメをよく観ていたのを思い出して、「あ、そうだ。アメフトやろうかな」と思って始めたのがきっかけです。コンタクトのあるスポーツという意味ではハンドボールも接触プレイが多いので、アメフトのぶつかり合うプレイには初めから抵抗ありませんでした。アメフトはむしろ思い切りぶつかりに行けるので 笑、結構すんなり馴染めたと思います。アメフト歴は今年で10年目になります。ポジションは高校時代がディフェンスライン(DL)、大学からラインバッカー(LB)です。

馬渕)自分は小学校から高校までサッカーを経験して、大学からアメフトをやっています。大学の新入生歓迎会でアメフトを見て「自分もやりたい!」と思いアメフトを始めました。現在のポジションはディフェンスライン(DL)です。相手の攻撃をしっかり止めてゲイン(オフェンス側がボールを前に進めること)させないようにできた時や、QBサック(パスを投げる前のクォーターバックに対しディフェンスがタックルすること)を決めた時はやりがいを感じますね。アメフトの魅力はたくさんあるのですが、様々なポジション、役割がある中で全ての動きが一致しないとプレイが成立しないという、豪快な見ための奥にある緻密さが魅力だと思います!


着用しているTOOTパンツのサイズ。左から馬渕選手(180cmx90kg 着用サイズ:XL)、佐藤選手(172cmx90kg 着用サイズ:XL)。

—お二人ともスポーツ歴が長いですが、スポーツをする際に下着は気になったりするものですか?

佐藤)気になりますね。中学から高校の途中まではスポーツ時もトランクスをはいていたんですけど、ハンドボールよりも強度が高いアメフトを始めたときに、トランクスでは動きにくくなりました。トランクスだと伸縮性がそんなにないので、足を大きく開いたときに動きづらく感じて。なので、練習のときは運動用のスパッツにはき替えたり、ボクサーパンツをはくようになりました。現在の練習では綿よりもナイロン地のボクサーパンツを好んではいています。汗でべたっとしない生地だとはきやすいですね。

馬渕)自分はサッカーをやっていた頃に綿素材のパンツをはいて試合に出たら、擦れて試合に集中できなかったという苦い思い出がありまして、それ以来試合の時は綿素材のパンツははかないようにしています 笑。フロント部分が動くのとゆったりした感じがあまり好きではないので普段からボクサーパンツを着用していますが、練習時は速乾性の⾼いさらっとしたナイロンやポリエステル素材のものを選ぶようにしています。

—TOOTのパンツは撮影以前にもはかれたことはありますか?

佐藤)撮影に先駆けて加藤代表からいただいたパンツを今日もはいて来きました 笑。「NEO NYLON COLORS」のオリーブですね。撮影だからとか関係なく、普段もはいてます 笑。


着用しているTOOTパンツのサイズ。左から佐藤選手(172cmx90kg 着用サイズ:XL)、石倉選手(167cmx106kg 着用サイズ:XL)。

—初めてTOOTのボクサーパンツをはいたときの印象を覚えていますか?

佐藤)股間が強調されるなと思いました 笑。あと「NEO NYLON COLORS」のようなボクサーパンツだと股下は長くないので、動いているうちに裾が上がってくる感じは気になりませんでしたね。

NEO NYLON COLORS
¥3,300

製品はコチラ

着用しているTOOTパンツのサイズ。佐藤選手(172cmx90kg 着用サイズ:XL)。

馬渕)自分は今回の撮影で「アスレチックロングボクサー」を初めてはきました。肌触りがすごくよくて、着用感がほぼないぐらいはき心地がよかったです!

アスレチックロングボクサー
¥4,300

製品はコチラ

着用しているTOOTパンツのサイズ。馬渕選手(180cmx90kg 着用サイズ:XL)。

—佐藤選手は「アスレチックロングボクサー」のはき心地はいかがでしたか?

佐藤)これなら丈もあるのでアメフトの練習ではいていても、股擦れとか気にせずにできそうかなと思いました。普段ばきもできそうですね。

馬渕)丈があまりにも短いとお尻辺りの食い込みが気になるので、運動する時、特にアメフトをする時はロングタイプのボクサーパンツを選ぶようにしています。「アスレチックロングボクサー」は生地の薄さと質感が今まではいたどのパンツよりもよかったです。生地が薄そうに見えたのですが、見ため以上に生地がしっかりしていたのには驚きました。ウェストが浅めだったので今まではいたことのない感覚が逆に新鮮で、実際にこれで運動してみたいと思いました。重要な商談や試合等、気合いを入れる時にはけば気持ちを引き締められそうな気がします!

—股擦れが気になる方には「アスレチックロングボクサー」と同様に裾が長い「TSXロングボクサーネオ」もおすすめですよ。

TSXロングボクサーネオ
¥4,500

製品はコチラ

*「「TSXロングボクサーネオ」のレビューはコチラ


着用しているTOOTパンツのサイズ。左から釼田選手(173cmx83kg 着用サイズ:L)、馬渕選手(180cmx90kg 着用サイズ:XL)。

—お二人は好きなパンツの色はありますか?

佐藤)僕はパンツの色にそこまでこだわりはないかな…。でもよくよく考えると試合のときは赤いパンツをはいていることが多い気はします。でもユニフォームに着替えるときは専用のスパッツにはき替えてしまうので結局パンツは脱いじゃうんですけどね 笑。

馬渕)いつも落ち着いた色を好んではくので、撮影ではいたネイビーはしっくりきました。よくはく下着は無地なんですが、試合の時はボーダーの柄をはくと調子がいいです 笑。

アスレチックロングボクサー

WHITE
ORANGE
RED
NAVY
製品はコチラ

—では最後に、読者の皆様にメッセージをお願いします。

佐藤)今回の体験コラムをきっかけに、少しでもアメフトに興味を持っていただければ嬉しいです。そして行く行くはぜひとも試合会場に足を運んでいただければと思います。

馬渕)日本ではまだまだマイナースポーツのアメフトですが、どの競技よりも様々な魅力が詰まっているスポーツだと思うので、下町ゴリラズを通じてアメフトの魅力を皆様に伝えて行けたらと思います。現在はコロナ禍で不安が募る日々を皆さんお過ごしかと思います。特に新社会人の方や進学された方は新しい環境に慣れる時期を自粛に充てる方がほとんどだと思います。期待と不安が入り交じる新たな門出がこういう状況だと、今後の生活にも不安があると思います。正直、自分も不安が大きいです。しかし、この状況を皆さんで力を合わせて乗り越えれば将来は明るくなるはずです。このコロナ禍が終わりを迎えた時に「自分はあんな大変な時期を乗り越えたんだ!」と胸を張って言える日が来ることを信じて共に頑張っていきましょう!

—皆さん、本日はありがとうございました。

お話:

スポーツ:

身長:

体重:

着用アイテム:

サイズ:

佐藤 隆司(ニックネーム:りゅうちぇる)

アメリカンフットボール(LB)

172cm

90kg

アスレチックロングボクサー(オレンジ)

XL

お話:

スポーツ:

身長:

体重:

着用アイテム:

サイズ:

馬渕 海(ニックネーム:かい)

アメリカンフットボール(DL)

180cm

90kg

アスレチックロングボクサー(ネイビー)

XL

アスレチックロングボクサー

製品はコチラ

PHOTO GALLERY