ITEM SEARCH

SIZE

COLOR

第9回スポーツ選手レビュー

アスリートが見せる、
たった一枚のこだわり。

SPORTSMAN’S UNDERWEAR

TOOTのアンダーウェアをアスリートが体験・レビューする本コーナー。
勝負やパフォーマンスにこだわるスポーツ選手ならではの目線で、下着選びについて語っていただきます。

第1回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第2回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第3回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第4回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第5回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第6回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第7回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

着用しているTOOTパンツのサイズ。左から釼田選手(173cmx83kg 着用サイズ:L)、間宮選手(165cmx91kg 着用サイズ:XL)、望月選手(176cmx80kg 着用サイズ:L)、馬渕選手(180cmx90kg 着用サイズ:XL)。

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第8回  社会人アメフトチーム「下町ゴリラズ」

一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会のトップリーグとして存在するXリーグ。X1〜X3の3リーグで編成され、下町ゴリラズは2019年7月にX3リーグに新規加盟。負けることなく3部リーグで優勝。2020年はX2リーグへの昇格も決まり、新たなステージでの挑戦が始まる。

下町ゴリラズのコンセプトは「仕事も遊びも本気の隣のお兄ちゃん」。目指すは「社会人フットボーラーの人口を増やし、アメリカンフットボールの普及と発展につなげる」、そして選手が暮らす「下町をもっと盛り上げる」こと。アメフトというスポーツを媒体にして、多くの個人の方々、お店の方々、企業の方とつながって、新しい文化やビジネスを創出し盛り上げていきたい、と想いを語る。

第9回  プロレスラー 本田竜輝

2000年2月11日生まれ。東京都町田市出身(身長180cm/体重100kg)。得意技はジャーマンスープレックス、ノーザンライトスープレックス。プロレスラーを目指しレスリングの名門・自由ヶ丘学園高等学校レスリング部に入部。インターハイ及び国体出場経験を持つ実力派。高校卒業後、武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1」に入門。デビュー戦は2018年9月2日、神奈川・横浜文化体育館でのvs三富政行&土方隆司(パートナーは一)。現在はフリーとして活躍中。

第10回  プロレスラー 土肥こうじ

1990年2月11日生まれ。神奈川県川崎市出身(身長175cm/体重105kg)。得意技は垂直落下式ブレーンバスター、ラリアット、ヌーン・ソン・ブレイカー。幼少期から中学までサッカーを経験。その実力は地域選抜チームに選ばれるほど。高校時代に総合格闘技の門を叩き、その後プロレスの世界に入る。デビュー戦は2011年11月24日、東京・後楽園ホールでのvs AKIRA戦。2014年に武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1」に移籍。WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ、WRESTLE-1リザルトチャンピオンシップ、UWA世界6人タッグのタイトルを持つ。現在はフリーとして活躍中。

第11回  ラグビー選手「ヤングロケッツ」

亀山 雄大(かめやま ゆうだい)、中嶋 大希(なかじま だいき)、足立 匠(あだち たくみ)、當眞 琢(とうま たく)により構成される若手軍団「ヤングロケッツ」。メンバーは全員、ジャパンラグビートップリーグで活躍する現役ラガーマン。YouTubeやTikTok等のSNSを通じて様々なエンタテインメントに挑戦し配信している新世代型のアスリート軍団。今回は「ヤングロケッツ」から亀山選手、足立選手、當眞選手にご出演いただきます。

第12回  総合格闘家 扇久保博正

1987年4月1日生まれ。岩手県久慈市出身(身長163cm/体重69kg *撮影時)。パラエストラ松戸所属。2006年10月にプロ修斗デビューすると翌年に修斗フェザー級新人王を獲得。その後2011年4月に修斗環太平洋フェザー級王者になると、翌年の修斗世界フェザー級タイトルマッチで世界王座獲得に成功。2016年4月には修斗世界バンタム級の王座を獲得し、史上2人目の修斗世界王座の2階級制覇を達成した。2016年にUFC主催のリアリティ番組「TUF24」に参加し準優勝を果たす。2018年7月よりRIZINに参戦。RIZINバンタム級のベルト奪取に挑む。

第13回  プロレスラー 本田竜輝

2000年2月11日生まれ。東京都町田市出身(身長180cm/体重100kg)。得意技はジャーマンスープレックス、ノーザンライトスープレックス。プロレスラーを目指しレスリングの名門・自由ヶ丘学園高等学校レスリング部に入部。インターハイ及び国体出場経験を持つ実力派。高校卒業後、武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1」に入門。デビュー戦は2018年9月2日、神奈川・横浜文化体育館でのvs三富政行&土方隆司(パートナーは一)。WRESTLE-1の活動休止後はフリーとなり、2020年9月より全日本プロレスに参戦。新天地での再出発に期待が高まる。

第14回  プロレスラー 土肥こうじ

1990年2月11日生まれ。神奈川県川崎市出身(身長175cm/体重105kg)。得意技は垂直落下式ブレーンバスター、ラリアット、ヌーン・ソン・ブレイカー。幼少期から中学までサッカーを経験。その実力は地域選抜チームに選ばれるほど。高校時代に総合格闘技の門を叩き、その後プロレスの世界に入る。デビュー戦は2011年11月24日、東京・後楽園ホールでのvs AKIRA戦。2014年に武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1」に移籍。WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ、WRESTLE-1リザルトチャンピオンシップ、UWA世界6人タッグのタイトルを持つ。2020年8月30日、「Enfants Terribles」のメンバーとして全日本プロレスに参戦。今後の動向から目が離せない。

第15回  ラグビー選手「ヤングロケッツ」

亀山 雄大(かめやま ゆうだい)、中嶋 大希(なかじま だいき)、足立 匠(あだち たくみ)、當眞 琢(とうま たく)により構成される若手軍団「ヤングロケッツ」。メンバーは全員、ジャパンラグビートップリーグで活躍する現役ラガーマン。YouTubeやTikTok等のSNSを通じて様々なエンタテインメントに挑戦し配信している新世代型のアスリート集団。今回は「ヤングロケッツ」から亀山選手、足立選手、當眞選手にご出演いただきます。

「SPORTSMAN’S UNDERWEAR」シーズン2のスタートを飾るのはプロレスラー 本田 竜輝(ほんだ りゅうき)選手。新作の「レトロフューチャー2.0 ボクサー」を体験していただき、お話を伺いました。

—本田選手はプロレスラーになるまでにどのようなスポーツを経験されてきたのでしょうか?

本田)小学校から中学校までずっと卓球をやっていました。当時は何かスポーツをやりたいなと思って卓球を始めたんですけど、一番の理由は友達がやっていたからというのが大きいですね。きっかけとなった友達は途中で卓球を辞めちゃったんですが、僕はその友達よりものめり込んでガッチリ続けていました 笑。

—高校はレスリング部がある学校を狙って選ばれたんですか?

本田)はい。部活動見学会のときに「レスリングをやりたいです」って言ったら、「じゃあ明日から練習に来い」と言われて、そのまま入部しました 笑。

—部員は多かったんですか?

本田)多かったんですけど、やっぱ辞めちゃいますね。僕の同期は7人いたんですけど最終的に4〜5人になっちゃって。上の学年の先輩も最初は同期が9人いたけど、最終的に3人になったそうです。毎朝5時半に起きて、そこから電車に乗って高校に行って、朝練して授業を受けて、放課後は夜まで練習してって感じだったんで相当キツきつかったですね 笑。


着用しているTOOTパンツのサイズ。本田選手(180cmx100kg 着用サイズ:XL)。

—プロレスラーを目指すようになったのはいつ頃ですか?

本田)もともと兄がプロレス好きで、その影響で僕もプロレスが好きになったんですけど、中学3年生のときに初めて生でプロレスを観た時にすごい衝撃を受けたんです。その時はデスマッチをやっていたんですけど、身体のデカい人達が凶器を使って戦う姿がカッコいいというか、すごい衝撃で。「プロレスが好き」から「プロレスラーになりたい」に変わりました。じゃあプロレスラーを目指すために何をしたらいいんだろうって考えた時に「レスリングを経験しておこう」と思い、高校からレスリングを始めました。

—次回のコラムにはプロレスラーの土肥こうじ選手にレビュアーとしてご登場いただくのですが、どんな方ですか?

本田)同じ「WRESTLE-1」に所属していたときにすごく可愛がってもらった先輩です!後輩からも好かれていました。土肥さんは僕と誕生日が一緒で、ちょうど僕と10個違いなんですよ。

—そうでしたか。では土肥選手にも本田さんのことを伺っておきますね。ではそろそろパンツのお話を伺いたいと思います。普段はどのようなパンツをはかれていますか?

本田)普段は何でもはきます。トランクス、ボクサーと、特に指定なく。

—トランクスとボクサーパンツですと、はき心地が異なりますが、はき分ける基準は?

本田)特にないです 笑。そこら辺にあるのをプッと取ってはくって感じで 笑。ただ、スポーツをするときは特定のメーカーのスパッツをはいています。ウェイトトレーニングをする時は普通のパンツだと動きにくいんで、下着替わりにはいてますね。

—スポーツ時はパフォーマンスの妨げにならないパンツ選びをしたいですよね。そんな中で今回はいていただいた「レトロフューチャー2.0 ボクサー」はいかがでしたか?

本田)フロント部分がしっかり立体になっているんで、はく前は「どんな感じになるんだろう?」と思っていたんですけど、はいたらフィットするし、すごくはき心地がよかったです。ビックリしました。ウェイトトレーニングのときはフロントがあまりズレたりしないので普段のスパッツでいいんですけど、レスリングのような対人競技になると練習中にズレるんで、いろいろ。これだと何も気にせず練習できると思います。ナイロンの生地もスポーツに適していると思いましたね。ホントはきやすかったです。

レトロフューチャー2.0 ボクサー
¥4,500

製品はコチラ

—お身体が大きいのでサイズはXLをご用意したのですが、サイズ感はいかがでしたか?

本田)いやあ、もうピッタシで 笑。本当にピッタシで丁度よく入りましたね。僕みたいに普通の人より身体が大きい人でも十分着られるんじゃないかな、と思います。

—TOOTのパンツは伸びが良いのでお身体に合ったサイズをお選びいただければ身体の大きな方でも快適にご着用いただけるんですよ。さて、読者の中にはプロレスを観たことがない方もいらっしゃると思います。本田選手にとって、プロレスの魅力は何でしょうか?

本田)例えば一般的な格闘技は相手の技を避けますが、プロレスはひたすら相手の技を受けます。そういったパフォーマンス性が僕的にプロレスの魅力だと思っています。なのでプロレスを観たことがない人はぜひ観てください!

—それでは最後に読者とファンの皆様にメッセージをお願いします。

本田)僕はまだ二十歳なんで、これからもっともっと頑張らなきゃいけないことがたくさんあると思っています。これからも頑張りますので、皆さん応援よろしくお願いします!

—本日はありがとうございました。

お話:

スポーツ:

生年月日:

身長:

体重:

着用アイテム:

サイズ:

本田 竜輝

プロレスラー

2000年2月11日

180cm

100kg

レトロフューチャー2.0 ボクサー(ホワイト)

XL

レトロフューチャー2.0 ボクサー

WHITE
RED
OCEAN
製品はコチラ

PHOTO GALLERY